スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[↑]

【2012.04.03】 智子とシノブがすっぽんぽん

2012/04/03

20120403_02.jpg

剥き出しのピアノから、そして彼女たちから飾らないそのままの音が響く。


ピアノすっぽんぽん。


まさにタイトル通りの夜だった。


ご来場頂いた皆さん、来たかったけど来られなかった皆さん。
関係者、出演者各位。そして今回はcafe brown sugarの
皆さんに全面的にバックアップして頂きました。

たくさんの人に支えられてイベントがやれています。
ありがとうございます。


前回のライブが終わったときに、次回 島崎智子さん(以後:こっちゃん)が
柳川に来るときは絶対、ノザキシノブさん(以後:シノブちゃん)にオープニングを
やってもらうと決めていた。

こっちゃんの歌が好きで好きでたまらないシノブちゃん。
もうこれ以外の組み合わせは考えられない。

友部さんが柳川に来たらポカムスの藤田さん。


こういうのもアリなんじゃないかな。


見ていてこっちも嬉しいもんね。



受付にマーガレットズロースの平井君。
なんと贅沢なお手伝いさんだろうか。


満席の会場の中、シノブちゃんのライブが始まる。
彼女のライブを聴きに来た人も多かったのだ。

感情の波にのまれそうになりながら1曲1曲を終える。
音楽でしか表現できない部分をさらけ出す。

中森明菜がうたう難破船を思い出した。


会場の一番後ろでこっちゃんが直立不動で聴いている。




そしてこっちゃんのライブ。

この日は福岡からもお客さんがたくさん来てくれた。
伝わって欲しいと思っていた。福岡からわざわざ「降りてきてくれた」
お客さんに伝わって欲しいと思っていた。


そんな心配はいらなかった。


キレキレのこっちゃん。こうなったら私もお客さんになるしかない。
特に後半のMCもはさまずにたたみかけて歌う姿は鳥肌が立つ。

間違いなく今まで見た中でベスト。

素晴らしい。



ずっと待っていたこの瞬間。

20120403_01.jpg

二人でやる2907831の「光」

シノブちゃんの声もスカーーーーっと抜けて、気持ちいい!


こんな感動のラストはなかなかないよ。


会心。会心の一撃。

こんな夜があるからイベントをやめられない。


この気持ちと、あのとき会場にいたみんなの気持ちが同じなら
どんなに素敵だろうか。どんなに素晴らしいだろうか。




4月1日に南関から吹いた風が柳川にまで届いた。
それは優しくて切なくて暖かかった。


そして次の日のママカフェまで風は止まない。

 
[↑]

Comment

Passのない投稿は編集できません

Copyright (c) LET HOT WEB All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。