スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[↑]

【Monologue】インパクトで勝負

2012/01/15

img_934512_15435808_0.jpeg

インパクトは大切なんだなと痛感。
1回見たら忘れないとよく言われる私なんですが。


今年、山門青年会議所で「家からはじまるまちづくり委員会」の
委員長を仰せつかっております。

その委員会には私を含め7人のメンバーが居るのですが
ちょっとしたお礼などを手書きのハガキで出そうと思い、
早速実践したのです。


デジタル時代だからこそアナログで攻めるぜ!!


しかし・・・
とっくに届いているはずなのに、誰も何も言ってこない。

照れ屋さんなのか?

いや、そんなことはない。どちらかというと
心臓をエグってくるようなことを言うメンバーが多いはず。

顔から火が出そうな思いでメンバーに聞いてみた。

「ハガキ届いた?」

これは女の子に

「気持ちよかった?」

と聞くの同義だ。ちなみに私はそんな男ではない。
女の子の8割は芝居しているという話の方を信じている。



ー閑話休題(話を戻します)ー

「ああ、そういえば届いてましたね。」

だと?

たった6枚といってあなどること無かれ。
ひとりひとり違う文章を書いてごらん?
意外と時間がかかるんだから。

しかし最近の私は考える。何故だ?なぜ心に響かないのだと。
そしてこういう答えを導いた。


年賀状の余りを使った。

たくさんの年賀状の中で輝きを放てなかった。

他の年賀状と一緒に整理された。

インパクトが足りないからじゃね?

こういうことだな。インパクトだ。大切なのはインパクト。

そう考えた私は色々ネタを探す旅をはじめました。ネットで。
そうしたら見つけましたよ、インパクトがあるハガキの出し方を。

すぐに実践あるのみ。











2012011313430000.jpg

ハガキの宛名面で勝負!!!!!!
このために先日、5円切手を探し彷徨ったのです。

もちろん裏面も心を込めて書きましたよ。


そうしたら次にメンバーに会ったときに「ハガキ届きましたよ」って。
メールでも「ハガキ届きましたよ」って。


カ・イ・カ・ン(薬師丸ひろ子風に)

これハマっちゃうかも。
みなさんも、どうぞお試しあれ。


ただ郵便局員さんに多大な迷惑をかけてると思う。
消印が4つ押してあったそうな・・・す、すいません。

 
[↑]

Comment

Passのない投稿は編集できません

Copyright (c) LET HOT WEB All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。